キタイ ギタイ ひびのこづえ展 生きもののかたち 服のかたち

現代コスチューム・アーティストとしてテレビや舞台など幅広く活躍する ひびのこづえ(1958-)。
この夏、「虫」をテーマに新たな表現世界を展開いたします。
本展では、まるで自然の一部となったコスチュームを身にまとう一見奇抜で色とりどりな虫たちのように、生きものの根源的なかたち、斬新さをもちながらも使い手になじみ、環境にとけこむ個性的な線や色、かたちを表現する作品によって、会場を「キタイギタイ」の世界へと一変させます。
さらに、ひびのこづえが日々の暮らしのなかで「あったらいい」と思いデザインした家具・服・日常の品々も展示し、来館者は購入することができます。
もちろん、数々の個性的な衣装も展示されます。
必見は会場の一部である日本で現存する最古の酒蔵(重要文化財)で展示される野田秀樹作・演出、松たか子・宮沢りえ主演の「パイパー」の衣装展示。
他にはない「ひびのこづえ」の新たな世界を体感することができます。

ひびのこづえ作品 BOB11月号
「BOB11月号」
 

会場:伊丹市立美術館+伊丹市立工芸センター+伊丹市立伊丹郷町館(重要文化財 旧岡田家住宅・酒蔵)
会期:2009年7月25日(土)〜9月23日(水・祝)
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日 *但し9月21日(月・祝)は開館
入館料:一般700(500)円、大高生350(250)円、中小生100(80)円、伊丹+はるひ共通券1200円(一般のみ)
    *( )内は20名以上の団体料金
    *兵庫県内の小・中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
    *伊丹市内(川西市・宝塚市・三田市・猪名川町を含む)に居住する65歳以上(平日は60歳以上)ならびに各種障害者手帳をお持ちの方と同伴者1名は半額
主 催:伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター・伊丹市立伊丹郷町館[(財)伊丹市文化振興財団・伊丹市]
共 催:伊丹市教育委員会
協力:上田安子服飾専門学校・株式会社ソルティー
制作協力:伊丹ジュエリーカレッジ 
助 成:財団法人花王芸術・科学財団

 

ひびのこづえ氏

ひびのこづえ (コスチューム・アーティスト、1958-)
東京藝術大学美術学部デザイン科視覚伝達デザイン卒業。
舞台・映画・オペラ・バレエ・ミュージックビデオなどの衣装をデザインする傍ら、個展で作品を展示発表している。
1997年に作家名を内藤こづえよりひびのこづえに改める。
現在NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」「からだであそぼ」の衣装・セットを担当し、2004年には「にほんごであそぼ」が番組としてグッドデザイン大賞を受賞。 ハンカチ、食器などの小物や家具、衣服をデザイン・企画、メーカー各社と連携して商品化している。
絵本グリム童話/アーティストブックシリーズ「星の銀貨」2005年(新風舎)、作品集として「Naito Kozue」1991年、「Naito Kozue・2」1995年、「ひびのこづえ・3」1999年(ともに扶桑社)。
2007年には水戸芸術館にて「ひびのこづえの品々 たしひきのあんばい」展開催。本年1月には野田秀樹作・演出の舞台「パイパー」の衣装を担当。 
HP:http://www.haction.co.jp/kodue/

関連企画:
●アーティストトーク
日時:2009年8月8日(土)14:00〜
講師:ひびのこづえ
定員:100名(聴講無料、要観覧券/先着順)
会場:美術館1階講座室
お申込み:不要(ただし定員になり次第締切)

●ワークショップ1 「虫をつくろう」
日時:2009年7月25日(土) 1回目(10:30〜)、2回目(14:30〜)
講師:ひびのこづえ
参加年齢:小学生以上
参加費:観覧券+材料費500円
持ち物:裁縫道具・はさみ
定員:各回50名
会場:美術館1階講座室
お申込み:7月3日(金)午前10時より電話(伊丹市立工芸センター/TEL.072-772-5557)にて受付開始(先着順)

●ワークショップ2 「エコバッグをつくろう」
日時:2009年8月9日(日)10:30〜16:00
講師:ひびのこづえ
参加年齢:中学生以上(小学生のお子様は保護者同伴で参加できます)
参加費:観覧券+材料費500円
持ち物:裁縫道具・はさみ
定員:50名
会場:美術館1階講座室
お申込み:7月3日(金)午前10時より電話(伊丹市立工芸センター/TEL.072-772-5557)にて受付開始(先着順)

●ダンスパフォーマンス
日時:2009年9月5日(土) 1回目(14:00〜)、2回目(16:00〜)
整理券配布:14時の部:11:00より、16時の部:14:30より美術館1階にて先着150名に配布いたします。
*整理券配布の際、展覧会チケットの呈示をお願いします。あらかじめご購入ください。
詳細は伊丹市立美術館/TEL.072-772-7447
出演:森山開次(ダンサー・振付家)、川瀬浩介(作曲家)
定員:150名(聴講無料、要観覧券/先着順)
会場:美術館2階展示室

● ひびのこづえ×伊丹ジュエリーカレッジ
「キタイギタイ」ひびのこづえ展 伊丹会場オリジナルジュエリー発売 
ひびのこづえと伊丹ジュエリーカレッジが本展のためのオリジナルジュエリーを制作しました。
虫をモチーフとしたリングやネックレスなど、「キタイギタイ」のイメージから生まれたアイテムの数々を会期中会場で販売いたします。
伊丹ジュエリーカレッジ URL:http://mac-itami.com

ひびのこづえ作品 Shinbiyou06.8
「shinbiyou06.8」

同時開催:
◆「キタイギタイ ひびのこづえ展 ―生きもののかたち 服のかたち―」はるひ会場
伊丹市立美術館と同時期に、愛知県のはるひ美術館においても同展覧会名での展示が行われます。(展示内容は伊丹会場とは異なります。)
春日町HP http://www.town.haruhi.aichi.jp/

◆「鳴く虫と郷町(ごうちょう)」
江戸時代から酒造業などで栄えてきた伊丹市内の郷町界隈を舞台に鈴虫など秋の鳴く虫約15種1000匹を展示します。
◎伊丹市立伊丹郷町館「旧岡田家住宅・酒蔵」「旧石橋家住宅」
会期:2009年9月4日(金)〜12日(土)/10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※会期中5日(土)、6日(日)、12日(土)は21:00まで特別夜間開館(入館は20:30まで)
◎周辺商店街各所(アリオ1&2、伊丹郷町商業会、伊丹酒蔵通り、タミ‐タウン、東商店街、宮ノ前商店街、その他賛同店舗)
会期:2009年9月4日(金)〜12日(土)/賛同各店の店内、軒先など営業時間内。
◎アリオ前街路樹、三軒寺前広場
会期:2009年9月4日(金)〜6日(日)、11日(金)、12日(土)
※アリオ前街路樹は4日〜6日のみ
◎入館料:無料
「鳴く虫と郷町」お問い合わせ:伊丹市立伊丹郷町館/072-772-5959

◆伊丹市昆虫館 特別展「むしの忍者大集合」
擬態(ぎたい)ってなんだ?昆虫たちが生き残るためにあみだした「技」を忍術にたとえて紹介します。
お問い合わせ:伊丹市昆虫館(伊丹市昆陽池公園内)/TEL.072-785-3582  http://www.itakon.com/

ひびのこづえ作品 BOB6月号
「BOB6月号」


 

展覧会事業の案内
美術館案内
交通案内
普及事業の報告
刊行物の紹介
美術館を覗いちゃお!
ホームへ戻る