いのちを考える 山口啓介と中学生たち 粒子と稜線
 2005年8月3日(水)〜8月28日(日)

伊丹市立美術館 + 旧岡田家住宅(酒蔵)
 開館時間:午前10時〜午後6時 (入館は午後5時30分まで) 月曜日休館
主催:伊丹市立美術館 (財)伊丹市文化振興財団 伊丹市中学校教育研究会美術部会
植物の空気柱(前):小星の宮柱(奥)、青梅
植物の空気柱(前):小星の宮柱(奥)、青梅
2003年

 第一線で活躍しているアーティストを講師に迎え、市内中学生とワークショップを行なうこの展覧会も今夏で5回目を迎えます。今年のゲストは山口啓介さん(兵庫県生・1962〜)。山口さんは、近年、人間と自然の共生やイラクでの劣化ウラン被害をテーマに、真摯に作品に取り組んでいるアーティストです。

 本展では、“植物との出会い”をコンセプトに、地球規模で異常な変化が起こっている自然界の現状を、様々な角度からアーティストと中学生がともに考えていきます。また「わたしの世界模型」と題する作品も制作し、自分自身を見つめ直します。展覧会へとつながるその過程で、新たな美術の可能性がみつかるかもしれません。

 なお、ワークショップは展覧会に先駆け、7月23日・24日の両日にかけて行ない、7月26日から美術館に隣接した重要文化財旧岡田家住宅(酒蔵)で先行展示します。
Du Child
DU Child 2005年
星花冠/紫鐘 11月
星花冠/紫鐘 11月 2004年
心の心臓/炭素原子モデル
心の心臓/炭素原子モデル 2003年

山口啓介氏略歴
1985年 武蔵野美術大学卒業。方舟などをモチーフにした大型の銅版画で数々の賞を受け、注目を浴びる。
1992年 ACC(Asian Cultural Council)、文化庁在外研修制度により渡米。
1995年 関西ドイツ文化センターとドイツ・デュッセルドルフ市との芸術交流によりデュッセルドルフ市に滞在。
2002年 個展「植物の心臓、宇宙の花」西宮市大谷記念美術館
2003年 個展「空気柱 光の回廊」高崎市美術館

■対談『「いのちを考える」に取り組んで』(聴講無料、要観覧券)
■講師:山口啓介(彫刻家)×加藤義夫(美術評論家)
■日時:8月6日(土)午後4時〜 美術館1F講座室


同時開催

コルヴィッツ『農民戦争』5.蜂起 1902/03年
所蔵品展II ドイツのまなざし
2005年8月3日(水)〜12月4日(日)

「日本におけるドイツ年」にちなみ、第一次世界大戦に端を発した激動の時代に制作を続けたドイツの作家3名(コルヴィッツ、ペヒシュタイン、ディックス)による所蔵品展を開催します。なお、アメリカの作家ベン・シャーンの作品<<リルケ『マルテの手記』より>>も併設します。


展覧会事業の案内
美術館案内
交通案内
普及事業の報告
刊行物の紹介
美術館を覗いちゃお!
ホームへ戻る